読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッチョから君へ

お前が舵を取れ!

純粋な子を口説くということ

マッチョ「最後に聞くけど、なんであかんかったん?」

女の子「明日も仕事やしな。私もちょっと流されるかと思ってたけど案外自分ちゃんとしてたわ^^。じゃあね~」

 

ポチポチ…「これでアポ8連敗」っと…

なぜだ…なぜ勝てない…

女の子と食事をしてその後セックスする。その気で臨めば簡単に出来ると思っていたのに(謎の自信)

 

と言ってても始まらないのでそんなこんなでまたまたアポ!

次こそは勝つで~~

 

今回のアポ

・かぴばらさんコンパにてバンゲした案件。その節はありがとうございました。

・ABCゲームでのマッチョへの評価は性癖やばそうな人。

・前々日にアポ負けした子と友達。

 

前夜LINEにて

マッチョ 「最近めっちゃ寒いけど体調大丈夫?」

性癖「絶好調!」

最近はドタキャン予防のため前日に体調確認のLINEを送るようにしてます。

 

そして当日

性癖「ごめん!遅れる!寒いからあったかいとこで待っててな!」

マッチョ「責任感じてほしいから一番寒いところで待ってる^^」

遅刻された時の対応って皆さんどうしてます?私は軽めにプレッシャーをかけるようにしています。(効果は不明)

 

店in

アポで使う店についても試行錯誤中ですが、おしゃれ系個室の店なんかは逆に身構えられてしまう気がして、最近はあまり使ってません。あとそういう店は味がいまいちだったり…と言うことで、開き直って自分が食べに行きたい店に行くようにしています。大抵はオープン席で対面式。対面だろうが横並びだろうが食いつきがなきゃどうにもならんべ。

マッチョ「コンパではまともな話まったくしてへんけど、俺ってどんな印象やったん?」

性癖「なんか良い人やと思った。盛り上げ役に徹してたやん?」

コンパではふざけてただけなのに謎の好印象?

マッチョ「今日のこと友達子には言うてるん?」おととい手繋いでキスグダで負けたけど…

性癖「会うって話したら頑張れって言われたw」友達子なんも言うてないんかい。ありがてえw

性癖「でもみんなイケメンやったね~」さすが精鋭ぞろいのかぴコン!(即は0!)

流れで恋愛経験を聞く。

性癖「前の人は急に連絡とれんくなって…その前の人はやりたいときだけ呼び出されるみたいな感じで…」胸がいてぇや…俺もやろうとしてることは似たりよったりなんよな…

性癖「マッチョくんは?」

マッチョ「前の彼女は小柄な子でさ、俺のちんちんがでかすぎて入らんくて別れてん。やっぱ体の相性って大事よな。」

性癖「ちょwwwどんだけなん!恐いわwww」

ギラなしで1時間くらいで店out。和みと仕上げで店を変えてみる。

移動中に寒いと言って手を繋ぐ。手を繋ぐ辺りまでは結構余裕。さあここから…

 

バーin

マッチョ「性癖のキューティクルとか…素敵やん…」

性癖「えへへ」

マッチョ「ナッツどれが好き?」

性癖「アーモンドかな~」

アーモンドを食べさせる。

ナッツルーティーン:ひこまるさんの氷ルーティーンに影響を受けた、ただナッツを食べさせるだけのルーティーン。食べさせた後に指を唇に当てたりするとなんとなくエロい雰囲気になる。あと逆に食べさせてもらった時に相手の指を唇でくわえたりしてもなんとなくエロい雰囲気になる。枝豆等でも応用可。

とりあえず「素敵やん」を連呼する。「素敵やん」という言葉、やらしさは控えめでなんとなく面白げな響きがあるので気に入ってます。(語彙が少ないわけではない)

腰の肉をつまんだり二の腕の肉をつまんだりする。ナッツを食べさせた後唇に触れるとなんだか嬉しそう。

仕上がった…かな?

バーout

エレベーターで壁ドンしようと思ってたらおばちゃんが乗ってきた。

てくてく

マッチョ「おばちゃんおらんかったらキスできたのにな。」

性癖「それはまた今度ね。」

とか言いながら勝手にホテル入って行くルーティーン!

性癖「え~、なになに?w」とか言いながら手を繋いだまま入ってくる。

テルーホin

あれ?余裕やん?

キス、DK、パイモミ、ブラを外す。

マッチョ「でっけえな…何カップなん?」

性癖「ないしょw」

マッチョ「Fくらい?」

性癖「…Hやで」

聞き慣れな過ぎてアルファベットの何番目かもわからんし、デカすぎてどう扱っていいのかもわからんwとりあえず揉んどく…巨乳を扱うのにも技術が要るのか…

よし、そろそろ下も触っとくべ…

!?

濡れてねえw

クンニやらなんやかんや頑張るもほとんど濡れず。セックスってこんな感じやったっけ?俺が下手くそなのか?つらお…

性癖「たぶん飲みすぎたせいやわ~」

マッチョ「別に無理にせんでもええよ。とりあえず寝るか。」めんどくさくなってきた…

性癖「でもしたい。」したいんか~い!!

性癖「ローションないかな。」そこまでして…ちょっと自信回復。

高速でローションをつかむマッチョ!そして塗りたくる!!!

 

ニッポンの技術力の勝利や!!!!!

合体/(^o^)\!!!

 

朝におかわりしたときはちゃんと濡れましたwてへぺろwww

 

しかし、なんとなく翌朝のコミュニケーションがぎこちない。

性癖「身体目当てやったん?w」

マッチョ「身体も心も素敵やと思うよw」今思えばこう言うところで食いつきを落とすべきだったか。

核心は突いてこないものの、おそらく性癖は恋愛感情を抱いている。

手を繋いで駅まで送り解散。

帰宅後にLINEが届く。

始めはたわいないやり取り。そして…

性癖「友達子になんて報告しよ^^」

マッチョ「お酒飲んでホテル行った。って感じ?」

性癖「その続きが言えたらいいな^^」

あかん…この子本気や。しかし彼女と付き合う気はない。なんか申し訳なくなってきた。

彼女はわりと辛めの失恋の話まで聞かせてくれたのに、こっちは経歴、恋愛経験、出身地、やってた部活までウソだらけ…どうすれば食いつきが上がるかなんて考えながらデタラメを並べる。負けてるうちは次はどんなトークを試すかに目が向いていたが、それでいざセックスしてみると、ちんちんが気持ち良いだけで精神的にはまったく満たされなかった。例えるなら一方的にボコボコにされていたのになぜか判定勝ちしてしまい、思わずマイクを奪って「どんなもんじゃい!」と叫んでしまったような…そんな後ろめたさが残った。

彼女の率直なアプローチを受けるとさらに罪悪感がつのる。

「色は使ってない」なんて言っても、セックスして相手が恋愛感情を持ったら結局同じか? 

 

そして成り行きで再度のアポ。

会う前から本当のことを話すと決めていた。別にそれで嫌われても構わない。ウソをついたまま関係を続けるよりマシだ。

世間話で場を暖めた後に本題へ。

マッチョ「実は性癖に言わなあかんことがあってな。」

性癖「あらたまってどしたん?」

マッチョ「実は俺〇〇*1やねん。あと恋愛の話はだいたいウソ。出身は〇〇。なんか性癖が純粋すぎてウソばっかりついてるのが申し訳なくなってきたわ。」

性癖「…もしかして、ちんちんがでかすぎで前の彼女と別れったって話もウソなん…?」

マッチョ「ごめんな…ウソやねん…」

性癖「その前の彼女を潮吹かせすぎて脱水症状起こさせたって話も…?」

マッチョ「それもウソ…」

性癖しばし絶句。そして少し笑う。

性癖「誠実そうな人やと思ったのに…今日はおごってもらうからな!一番高い料理頼んだる!w」

マッチョ「安い店でごめんなwww」

店out

マッチョ「もう一軒行く?」

性癖「今日は胸が一杯になったし帰る。」

手を握ってくる性癖。前と同じ改札まで送る。

マッチョ「色々ごめんな。でも楽しかったわ。会えてよかった。元気でな。」

性癖「楽しかったって、こんな純粋な子を弄んでからに!反省しなさいw」

そう言いつつも改札を通って見えなくなる前に振り返って手を振る性癖。

付き合う気がないって言いそびれたな。別にもう連絡来んかったらそれで終わるしええか…

ピコン!

「ウソつきは泥棒の始まりやで!次はもっと美味しいとこ連れてってもらうからな(^o^)」

連絡くんのか~い/(^o^)\

 

再々アポ

彼女はまだ諦めてない気がする。ちゃんと付き合う気がないと言わねば…

世間話で場を暖めた後に本題へ。

 マッチョ「…と言う前回話した件もあって、今は誰とも付き合う気はないねん。」マジでこの話は前回のアポでするべきやった…でもそういう流れじゃなかったし…

 性癖「そっか…うん。そんな気はしてた。」

店を出る。手を握りコートのポケットに入れてくる性癖。

 

マッチョ「結婚もしたいやろし、いい男探しや。」

性癖「せやねwまずはウソつかん人やなw」

マッチョ「それは大事やね。んじゃ。元気でな。」

性癖「マッチョ君もな~」

彼女はもう振り返らなかった。

 

 

 

ピコン!

「またご飯行こな^^」

連絡くんのか~い/(^o^)\

*1:「ナンパ師」ではありません。念のため。