読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッチョから君へ

お前が舵を取れ!

ナースっ子との戦い~初めての会ったばかりグダ~

仕事終わりにマッチョゾーン(単にお気に入りの場所)にて声かけを続けるマッチョ。しかし金曜なのに反応が悪い。振り向いて顔面を見られた後ガンシカされるのは、マッチョメンタルといえど少しは堪えるぜ。

そんな時はTwitterのタイムラインを眺める。某凄腕さんが年齢700歳という設定でナンパをしているらしい。まったく意味はわからないが凄い。元気をもらう。

そこに買い物袋を提げた薄いベージュのコートを着た美女が通りかかる。ところで薄いベージュのコート着てる女性ほんとに多いですよね。なんですか今年のトレンドなんですか?ただでさえ女性の顔が覚えられないタイプのマッチョなんで「この子さっきも声かけたっけ?」ってなります。皆さんもそうですよね?

美女はイヤホンをしているが関係ない。必殺「あの、すみません。」オープナーを放つ。イヤホンを外す美女。

「むっちゃタイプなんで声かけました。髪の毛サラッサラですね!」

笑っている。マッチョたたみかける。

「何聞いてるんですか?デスメタルですか。見かけによらないですね。」

『違いますよw』

オープン。並行トーク。家が近所で、帰って料理するつもりだったらしい。買い物袋には豚バラ肉とミネラルウォーターのペットボトルが入っている。飲み打診。承諾。豚バラ肉を置きに彼女のマンションまで送る。買い物袋を持ってあげるマッチョ。2リットルのペットボトルが2本入っていたがマッチョのダンベルカールは20kgだ。なんの問題もない。しかしよう持って歩いて来たな美女。

彼女のマンション前で待機するマッチョ。(今から思えば直家打診してみれば良かったか。)これでずっと出てこなかったらどうすっぺかと考えていたが、無事現れた美女と近所の居酒屋in。

コートを脱ぐと乳がでかいことが判明。しかし動じないマッチョ。ミステリー先生も「乳がでかい女の乳は見るな」って言ってた気がするし。

漫画の話やら仕事の話やらで盛り上がる。元彼は医者らしい。しかしマッチョは動じない。年齢は29歳で早く結婚したいと言う。動じない…

『マッチョ君は年上は何歳までいけるんですか?』

「年齢は気にしないですよ。ただ子供は欲しいんで出産できるくらいまでがいいですね。」

なんだこのトークw食いつきはあるのか?もっとチャラい答えのほうが良かったか…?ていうか一応相手年上やけど連れ出したら敬語はやめたほうが良いのか?圧倒的に経験が足りねえ…

『どんな子がタイプなんですか?』

「好きになった人がタイプですかね。」

『少女漫画みたいなこと言いますねw』

「でもやっぱり一緒にいて楽しい人が良いですね。ちなみに今楽しいですけどw」

『営業トークっぽいなーw』

某凄腕さんのトーク借りました。ありがとうございます。

なんやかんやで居酒屋out。明日も朝から仕事らしいので家まで送る。その道程で勝負をかけるしかない。小雨が降っている為、居酒屋のお兄さんが傘をくれる。これじゃ手を繋げねえぞ。

「腕くらい組みましょ。」

『いやいやw』

バックを抱えて体の前で腕を組んでいる。ペロ…これは…拒絶のポーズ!

「まあまあ」腰を引き寄せてみるが逃げられる。ガードが堅い。

「ナースさん。僕、男として見てどうですか。」直球過ぎるか。

『今日会ったばかりだしわかんないよw』これが噂に聞く会ったばかりグダか!実際その感性は正しいと思う。がナンパ師としてはここで諦めるわけにはいかない。

「僕はナースさんのこと良いなと思ってるんですど。」

『会ったばかりだから。』

会ったばかりを連呼されるうちにナースさんのマンション前に到着。固い…と言うか疲れたw

連絡先を聞いてエントランスに消えていく彼女を見送る。もっと粘るべきだっただろうか。しかし明日仕事早いらしいし…

 

反省

・居酒屋で料理を頼みすぎた。残すともったいないし財布にも優しくない。料理を少なめにしていれば1件目を早めに切り上げてバーに移動などの作戦も取れたかもしれない。

・年下だしとか言ってほんのちょっとだけ金出そうとしてたから貰えば良かったか?雰囲気が崩れそうでいなしてしまったが。皆さんどうしてます?

・まず直家打診。最後もトイレ貸してくれとか言って上がりこもうとしてみれば良かった。とにかく打診しないと始まらない。

・とりあえず武器が少なすぎる。直球以外の小技、トークを磨かねば。

 

PS.

帰りに駅で見かけた美女からバンゲ、アポ打診したらあっさり承諾・日時確定。なんか反応が良すぎて違和感がある。と思ったら案の定未読スルー。一応アポ日までは日があるが…。彼女たちの頭の中はどうなっているのかまったくわからん。

しかし、とにかく声をかけないと始まらない。打診しないと進まない。もっと経験を積まないといかんざき。