読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッチョから君へ

お前が舵を取れ!

梅田ストソロ

仕事終わりに梅田へ。

マッチョの都合で短時間で終わってしまったが、前日のちゃーさんとの合流でモチベーションが上がっている。頭ではわかっていても通りすがりの女性に声をかけて仲良くなるというビジョンがどうにもつかめておらず、それが原因で地蔵しがちになっていたように思う。

ちゃーさんがナンパしてオープン→バンゲ(厳密にはバンゲはマッチョと合流する直前かつ、ケアレスミスでLINE登録できていなかったらしいw)と進むのを見てナンパの可能性をやっと受け入れられた気がする。ちょっと大げさかw

今まで合流はちゃんと一人で結果を出せるようになってからにしようと考えていたが、初心者でもとりあえず合流してみるのがいいかもしれない。ちゃーさん本当にありがとうございました!

 

と言うことで梅田へ。

まずは実地調査を兼ねて梅田周辺をうろうろ。店やらなんやらの明かりがあるとはいえあんまり暗いとこで声かけられても怖いよな。と思いつつ明るい場所を求め散策(歩き地蔵)。T屋町へ。この辺は明るいし人通りも程よい気がする。

声かけは紀田さんのブログで見た道聞かないオープナー!(これならあまりガンシカされないのでメンタルにやさしいw)からのタイプ過ぎて声かけました!

10声かけぐらいで疲れて休憩スペースへ。隣の机で寄せ書きを作る女性に「なんかおしゃれなの作ってますね」で声かけ。反応がいい。と言うか今日やっと普通に会話できたwしかし新婚らしい。「お姉さんが独身なら真剣に口説くんやけどなぁ」受け流されて友達との予定で解散。もっと攻めるべきだったか…しかしいい人過ぎて普通に会話を楽しんでしまった。嫌われるの覚悟でパルプンテ放り込んでみれば良かったのだろうか。

場所を変えようと地下へ移動。さらに数声かけもガンシカor大丈夫です。俺は何をやってるんだ…この行為の先に幸せはあるのか…などと考える。とりあえず地蔵はしなくなったので美人が通ると声かけないけないので、あれはおばさんであってくれと!などと考え始めるw

20声かけ目。これでダメなら帰ろうと思いサブウェイ前に立つお姉さんへアタック!「どれにするか迷いますよね~。でも晩御飯サブウェイやと後でお腹すくでしょう。」

『だれですかw』

「一人で飲んで帰つもりやったんですが、きれいなお姉さんがいたんで思わず声かけちゃいました」

『もっときれいな人いっぱいおるからそっち行きやw』

「いやいや、お姉さんこの周辺では一番きれいですよ!もっと自分に自信持ってください!」

『微妙に失礼やなw』

 

なんやかんやでサブウェイin

話すと年上で男らしい人がタイプらしい。ちなみにお姉さんはマッチョより年上wちょこちょこイジって笑わせるも「弟みたいで腹立つw」で食いつきはほぼなし。

「次会うのいつにします?」

『いや、もう会わんからw』

「でも今楽しんでるでしょw10段階で言うと6くらい?」

『4くらいかなw』

「わかりました!次会うときは5まで行くように頑張ります!」

『目標低いなw明日仕事やしホンマにもう帰るでw』

粘るもやっぱり無理そう。とりあえず今後の参考に何がダメだったか聞いておく。

『目が死んでるとことか、あんまり男っぽくないとこかな。まあ中性的な感じやし、そういうのが好きな子もいるから頑張りなw私は年上で男らしいのが好きやねん』

「ええっ!見てくださいよこの筋肉!男らしいでしょ!」(一応言うと実はそんなにマッチョではない)

「筋肉だけちゃうねんw」

バンゲもならず解散。ただバンゲ打診時に一瞬の逡巡があった気がするので上手くやれば可能性はあった気がする。マッチョの実力不足。

目に力がある男らしい野郎になりてぇ…

今後の課題。